ご購入される前に必ず読んでください

POSTED BY DANNY CHOO On 木 2019/03/07 22:16 JST

こんにちは!スマートドールのクリエイターダニーです。
スマートドールの商品をご購入される前に知っておくべきことはあります。

スマートドールは「わびさび」というデザイン思想を元に開発されています。その中の原理の一つは「不均整」。不完全性も適切な量が集まり、相互補完すれば美しさが産まれる、というのが「わびさび」の概念です。スマートドールは不完全であるが故に美しいのです。その不完全性は3Dモデリング段階のみならず、成形段階でもデザインに取り込んであります。スマートドールの成形方法は伝統的な「スラッシュ成形」を採用しており、これにより生み出される成形物は元来不完全な部分があります。

スマートドールはそれぞれ似ていますが、一つずつ手作りで作られているので、人間のように外見が全く同じ固体はありません。

3Dモデラーの大半は顔を造形する際、顔の片半分を作成してからそれを反転させて反対側に貼るという手法を取ります。理論的には問題ありませんが、それで実際に出来る顔は宇宙人のような不自然さが付きまといます。それは我々が普段から左右非対称の顔を見慣れているからです。
スマートドールのヘッドを造形する際は不均整を取り入れ、左右非対称になるようデザインしました。

スマートドールの外皮は現代的な3D出力技術と60年前から伝わる日本の伝統的な成形技法を組み合わせて作られています。
パソコンによる3Dモデリングではコントロールが利きますが、伝統的な成形は手作業で行われ、天候によってミクロンレベルの影響が出る繊細な作業です。

電鋳工程では金型の壁面が若干不均一になり、これから成形されるパーツにも不均一な面が現れます。
成形直前と成形直後の液体状態のソフビは様々な条件(気圧、温度、湿度など)に左右され、小さなホクロ、薄い白い筋、肌色の差異などの問題が生じます。

上記の問題箇所は強い照明環境(ドールに蛍光灯を数センチまで近づけるなど)、又は綿密に検査しなければ確認できないものもあります。これらはスマートドールを伝統的成形方法で作る過程で出来てしまうものであり、品質には問題ありません。

ドールの全体的な見た目が損なわれる問題が発見された場合は検品段階ではじき、損なわれない程度であれば僕が承認して出荷しています。意図的に低品質な商品を出荷すれば会社のブランドと将来性にも影響が出るので、品質には徹底しています。

問題が一切ない完璧な商品をお求めの場合は機械で成形された他社製品をお求め下さい。

出荷・保証についてもお読みになってからご購入ください。
https://info.smartdoll.jp/ja/posts/about-shipping

また、弊社は「お客様は神様」対応できない理由はこちら。ご理解してからのご購入となります。

https://twitter.com/dannychoo/status/1145534101052461056